「航空宇宙品質マネジメントシステム」の認証を取得

タマディックが取得した航空宇宙品質マネジメントシステム(JIS Q9100)は、国内・海外に通じるマネジメント資格です。

その重要性と取得の足跡をお話ししましょう。

■マネジメントの国際基準をクリアした企業。

タマディック(名古屋地区)は、2005年12月に航空宇宙品質マネジメントシステム(JIS Q9100)を取得し、翌年の2006年12月に品質マネジメントシステムの認証(JIS/ISO 9001)を取得しています。

この取得は国内・国際基準に則った厳しい審査に基づくもので、長年の実績と高度管理実態のデータが必要になります。

国際衛生基準や国際会計基準がそうであるように、国境を越えたグローバル取引きには必須のものです。

■東京地区でも同時期にISOを拡大登録。

またタマディックでは当時、東京地区のISO導入を積極的にすすめ、同時期の2006年12月21日には、認証の拡大登録を成し遂げています。

航空宇宙の分野は、全世界をフィールドとしたものであるため、この認証取得できていないと実質的には取引きの幅が小さくなってしまいます。

■「総合エンジニアリング企業」、「上流・コアな研究開発」がタマディックのめざすところ。

認証取得は当然の取り組みともいえます。

認証の取得は10年以上も前のことになります。

しかし総合エンジニアリング企業、クライアント企業の将来に組みする上流・コアな研究開発をモットーとするタマディックとしては、当然の取り組みといえます。

今後もより多くの認証取得・環境整備を通じて、世界の市場に向けたアプローチがつづいていくことでしょう。