杢目金を知っていますか?杢目金とは、約400年前の江戸時代が発祥、日本独自の特殊な金属加工技術のことです。

金属の色の違いを利用して木目状に模様を作り出し、非常に繊細で美しい図柄を作り出します。

もともとは剣の鍔に使用されていました。

金や銀、銅、赤胴を木目になるように張り合わせるので、巧みな技術が必要となりますし、出来上がりは非常に優美で品を感じられるものとなっています。

非常に難しい技術なので、実は杢目金は完成後一度途絶えてしまっていました。

しかし、その美しさからどうしても復活させたいと願う技術者は多く、明治の末にも復活させようとしたり、昭和に入ってからも何度も作り出そうとされてきました。

現在は、新潟や秋田にいらっしゃる職人の方ごく少数によって、作り出されるようになってきています。

このように、非常に美しい金属柄にもかかわらず途絶えたこともある関係で、杢目金は多くの方に知られているというわけではありません。

そこで、美しい金属加工を是非施したいものといったら結婚指輪ということで、現在、杢目金の結婚指輪が注目を集めています。

非常に美しく、独自の味わいを醸し出せる上、世界に二つとないものを作り出せることができるからです。

静岡でこれから結婚を控えている方には、ぜひ杢目金を使ってみてはいかがでしょうか。

職人の方は新潟と秋田にお住まいですが、今の世の中ですから、インターネットでお願いすることは簡単にできます。

ブライダルジュエリー相談会も静岡で開催されていますから、興味を持ったら、ぜひ足を運んで見て欲しいと思います。

◆関連サイト…http://www.classicweds.com/